2013年06月21日

去勢セレナーデ

  • 365の愛情が集まった、みんなのアルバムカレンダー / レトリバー レトリバー 。うちの仔の誕生日が埋まってる! と思ったら兄弟だった、なんてコトも ありそう。

  • 「けん」さんです。我が家のタロビッチさん (ロシア名) が受けた去勢術について、すこし語りすぎなブログになってる感も否めないのですが、ちょっとだけワタクシ目線から。
    ボスの記事中にあった

    > 穏やかな性格であるタロウに去勢は必要ないというのが彼の考えなんだと思います。

    201306g-thumbnail2.jpg
    ボスの脚とタロウ。仲イイじゃん。

    というのも、まぁ間違いではないですが、くわえてボスがタロウに去勢手術を受けさせようとしている理由が気に食わないってのも、あったんですよね〜実は。タロウの健康や安全のため、っつわれてたら即同意してたんですが (もちろん、それも思ってたってのも知ってますが) 散歩や訓練中のマーキングやニオイかぎに気をとられてしまうのを抑えたい、みたいな意見が出てきたので、いやいやいや! と思ったワケです。本音をゆうとイヌなんだから好きなだけニオイかいで他のイヌが残したコメント読んだりマーキングしてツイートしたりと、ご近所のワンちゃんたちとのコミュニケーションを楽しめばイイと思っているのですが、しつけとして街ナカではマーキングさせないってんならリードを握った人間が軽く正してやれば我慢する仔だし、いくつかニオイかぎポイントを決めて「ココならヨシ」ってしてれば場所が近づくにつれてタロウも期待ガオになってくるので、ほめるのと同様に、しかるのも会話だなと感じているのです。

    去勢したらヒート中の女のコに反応しなくなるってのも、まったく100がゼロになるってワケではなく、ほかの皆さんのブログとか読んでるとムラムラはしなくなってもワクワクはするみたいですしね。実際、前からタロウが好きなコへのラブアタックっぷりが去勢後1週間以上たっても全然かわってません‥‥徐々にクールガイになっていくもんなんでしょうか (ホントもてないんだよね) ‥‥。

    またボスが書いた

    > 大型犬の成長は2歳くらいまで続く

    っつってくれた動物病院のイケメン院長からは、そのとき同時に

    「2歳〜5歳の間なら、いつ去勢しても同じ」

    っつわれていたので「いつ、するの? 今でしょ」とは思えなかったのです。あと、やっぱり性格? イケメン院長も

    「去勢したら必ず落ち着いた性格になるとは限りません」

    っつってたし (そーんなの神話、都市伝説だよ、とカオに書いてあった)、どうも世の中には去勢後イライラした性格になったってワンちゃんも、いるみたいなんですよね。ホルモンバランスが変わるせいなんですかね? 今のタロウの、ちょっとボンヤリした性格をとても好きなので、せっかくカワイイのに、この仔が人間の男性更年期みたいに急にガウガウしだしたら大変とも、しょうじき思いましたし思っています。またリスクという意味では全身麻酔による事故や後遺症の危険もゼロではなく、それが病気になって仕方なく手術するってんならともかく今回そんなんなったら泣いても泣き切れない、ってゆう心配も、ね。

    201306f-thumbnail2.jpg
    (タロウ寝てる) 足がシビレる〜

    あと反省点としては「手術そのものよりも術後の管理の方に神経を使いました」とボスも書いておりますが、やっぱりドコかで「切ったら終わり、とったら終わり」だと樹の枝から果実をもぐように簡単に思ってる部分がありました。自分は10代の頃に虫垂炎になって病院でサクッと切ってもらったのですが、そのときは朝おきて「おなか痛いな〜」とは思ったもののテレビで見る盲腸になったヒトとかは転げ回って苦しんでるから違うんだろうな〜と思いながら病院で診てもらったら、やっぱり盲腸で、こんなもんなのか〜と思いながら、その日のうちに部分麻酔で腹あけて切ってもらったんですね。んで1週間は入院だから学校も休めるなーと思いながら寝てたら夜になって麻酔が切れてきて、まったコレが痛いの痛くないのって痛いんだ (そりゃそうだよ、おなか切れて縫ってあんだから)。病気の痛さより手術後のほうが、ぜんぜん痛い ひと晩じゅう大部屋でウンウンうなってたら隣のベッドのオッサンにナースコール押されちゃったりしました。イヌは女のコの避妊より男のコの去勢のほうが手術も軽いしキズも小さいけど、その晩はタロウも、さすがに痛かったんだと思うんですよね。ボスは甘えってゆうけど甘えさせてやりゃイイじゃん、と思ったのでした。

    さいわいなのかどうか術後の抜糸も済んだタロウは以前と何んにも変わってないように見えます。あいかわらず、もてないし。ちょっとニオイかぎが、あっさりになってきたのかな? 両脚の間に見える、だんだん小さくなっていくカラ袋が揺れるたびに、あの中身が、また生えてこないかな〜と思うのでした。でもタロウが元気なら、どっちでもイイや。記事1本で済まそうと思ったら長くなっちゃった〜

  • そうそう例のエリカラですがラブラドールの頭がデカすぎるせいなのか、したまま普通に患部をなめておりましたし、あれしてると水も自分で飲めなくてホント不便そうでした。あれで毎日ルス番するような仔は、どうしてんだろ。


↑よかったらポチッと、どうぞ ↑
posted by 「けん」さん at 20:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たまとりものがたり (去勢関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。