2013年09月06日

脱教育パパ宣言

ボスです。


涼しくなってきたら何だかタロウが活発になってきた。
ボールを持ってくるスピードが明らかに速くなっているし、
集中力が高くなった気がする。
うむうむ。楽しいではないか。


タロウを飼い始めた当初は、
せっかくラブラドールを飼ったのだから
びしびし訓練して人間の言うことを何でも聞く犬に育てるぞ
と意気込んでいました。


ところが
最近ちょっと、気持ちのベクトルが変わってきまして。


どうやら私の場合、
犬に言うことを聞かせている「自分」に目が行っていたのではないか、
本当の意味でタロウのことを見ていなかったのではないか、
ということに気づき始めたのです。

例えば、タロウが散歩中に言うことを聞かない状況で、
あー恥ずかしいっていう思いが先行してしまうということ。
これは「自分」に目が行っているからなんですね。

本当の意味でタロウを見ていれば、
力ずくで言うことを聞かせるのではなく、
なぜ犬がその行動をとっているかを捉え、
対処する方向に考えが行くはずです。

「自分」に目が行く、言い換えれば人目を気にすることで、
タロウの本当の姿が見えてこない。
タロウの良いところも見逃していたのではないか。
もっとタロウの良いところを見よう。
できることに注目しよう。
タロウの良い行動を引きだそう。


そう思い始めるとスッとチカラが抜けまして・・・。
脱教育パパ宣言(笑)


そういうふうに私の気持ちのベクトルが変化すると、
今までよりもタロウの遊びに対する反応が良くなってきたのです。
ボールを持ってくるスピードが明らかに速くなったのは
涼しくなったからってだけではない・・かな?って。


まだまだ改善すべき点はいっぱいあるんです。
トレーニングも何らかの形で続けるつもりです。
でも、ゆっくり、螺旋状に良くなっていけばいいかなと。
楽しい経験を重ねて、絆を強くすることが大切かなと。

以前ホリスティック獣医に言われた「犬の気持ちになって考える」という意味が
やっと少し理解できてきたような気がしています。



この夏の川遊びがスゴク楽しくて、


1.JPG


あぁ夏が終わるのかってしみじみしながら、
そんなことを考えました。



2.JPG

これは今日の公園。
タロウ、すでに秋の匂いを感じているのかな。

↑応援クリックよろしく〜 ↑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374108420

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。