2013年09月08日

ひざ乗せ犬プロジェクト

ボスです。

タロウはあんまり人間にベタベタとスキンシップを求めてきません。
もしかして飼い主が女性だったら
ベタベタ甘えてくる犬に育ったのかも知れないと
思ったりもするのですが、
タロウの同胎犬もあまりベタベタしてこないと聞いたので、
元々の気質なのかも知れません。

ですが、
わたくし、何を隠そう、犬とベタベタしたいんですよ。
ひざに乗せて撫で回したいのですよ!
ひざに乗せたいんだったら大型犬飼うなって話ですけどね。

そんな飼い主の甘ったるい願望を叶えるべく、
"ひざ乗せ犬プロジェクト"を実行しております。

タロウ〜、ここにおいで〜、とか言って
ただ単にひざの上におびき寄せようとしても、
タロウはそばまで寄ってくるだけで決してひざの上に乗ろうとはしません。
周到な手続きが必要なのです。

まず、初めはオモチャを使って遊びます。
最初はちょっと激しく遊びますが
次第にマッタリした雰囲気に持っていきます。

次に何気なく飼い主がソファーに横たわります。
ここで焦ってはいけません。
このときもまだマッタリ遊びが続いています。

機を見てオモチャを飼い主の体の上部に持っていき、
タロウをソファーの上に誘導します。
タロウが飼い主の体の上でフセの状態になったら成功。


1.jpg

・・・とまあザッとこんな感じです。


2.jpg


マッタリの次の段階に持っていくあたり、
ナカナカ熟練を要します。
(ん? なんだか怪しいデートマニュアルみたいになってる?)


夏の間は休止していた"ひざ乗せ犬プロジェクト"ですが、
やっと涼しくなってきたので再開した次第です。


3.jpg


オモチャがなくてもひざの上に乗ってくるようになったら
めでたく目標達成です。が、道のりは遠い・・・。
進歩が見られましたらあらためてご報告申し上げます。

↑応援クリックよろしく〜 ↑
この記事へのコメント
これだけ愛されてるタロウちゃんは、本当に幸せ者ですね
タロウちゃんにたいしての愛情がビシビシ感じられます
Posted by ゆうじ at 2013年09月10日 18:05
> ゆうじ さん

ビシビシ伝わっちゃいましたか(^^)
問題は、人間の愛し方がしばしば犬にとってはウザく感じられる
ってことなんですよ〜。
犬の気分を考えずに撫で回すと嫌われますからね〜。

Posted by ボス at 2013年09月10日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。