2013年09月21日

「おとうさん」と呼ばれて

ボスです。

これまでに二人のドッグ・トレーナーについてきたのですが、
おふたりとも私のことを「おとうさん」と呼んでくださいます。
トレーナー業界では一般的なのでしょうね。
まあ便宜的にそう呼ぶしかないのでしょう。

当初はその呼ばれ方に強烈な違和感を感じていました。
イヤなわけではなく、何だかこっ恥ずかしいんですね。
私たち飼い主(男ふたり)には当然子どもがおりませんし、
今までの人生で子どもを持つことにリアリティを感じたことがないからです。
父性というものからほど遠い人間なのです。(母性ならあるかな?笑)

私にとってタロウは、
守るべき存在という意味では子どもに近い存在なのかもしれませんが、
子どもという感覚とはちょっと違うように思います。
なんでしょう。仲間?
タロウにとっては迷惑でしょうが時々"恋人"に思えるときもあります(^^;)



1.jpg

「けん」さんとタロウ。仲良し。




ではタロウから見ると私たちは何なのでしょう。
最近の動物行動学の研究では、
イヌは人間を垂直的な関係で捉えていない、
つまり、リーダーと従属者のような関係ではないという説があるようで、
その説に沿うならばやはり"仲間"でしょうか。
仲間と思ってくれていたらいいな。
ウザイ同居人じゃなくて(笑)



2.JPG



私、ボスと名乗っていますが、その名のとおり、
最近までイヌのリーダーにならなきゃ!と気張っていたのです。
でもそんなに肩に力を入れなくていいのかな、と思い始めて。
それで先日の「脱教育パパ宣言」という記事を書きました。

タロウを適切に導いてあげるという意味ではリーダー、
あるいは父親的な側面もあるかもしれませんし、
その時々でいろんな関係性で結ばれるものなのでしょう。

あ、でも恋人はカンベンってタロウが言っています(笑)



3.jpg

↑応援クリックよろしく〜 ↑
この記事へのコメント
初めまして!都内で7ヶ月過ぎの黒ラブ♂を飼っています!いつも楽しくブログを見させてもらってます(^o^)私も同じ事を最近思いまして。◯君のお母さん、◯君のママと呼ばれる事がほとんどで。犬を飼う前はそういうのを、ちょっとどうかと思っていたのですが、私も言うようになってしまってます(笑)また見に来まーす!
Posted by みーやん at 2013年09月21日 12:04
こんにちわ

聞いてみたいですよね、「僕の事、なんだとおもってるの?」
タロウ君「んー、可愛い奴」なんて・・・。
お互いに「かけがえのないもの」には間違いないのでしょう。

うちは「えー、ただの召使い!」とか言われそう。
目があっただけで「何よ!」と呻られますから。(TT)シクシク
Posted by 京 at 2013年09月21日 13:46
> みーやん さん

初コメありがとうございます!!
7ヶ月過ぎのラブ、かわいい盛りですね〜。
あ、でも何歳になってもかわいさ右肩上がりかな。

○○君のママとか言いますよね。
飼い主さんの本名を知らない場合がほとんどですし。
Posted by ボス at 2013年09月24日 10:08
> 京 さん

あ〜召使い〜(笑)
それはわが家にも当てはまる〜(笑)
せめて"かけがえのない召使い"になれればと(^^;)
Posted by ボス at 2013年09月24日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。