2013年10月06日

治療メモ φ(・_・”)メモメモ

ボスです。


お陰様で、見かけ上は普段のタロウに戻っています。
血液検査の数値があともう一息で正常値に戻るという段階です。


問題になっている数値はCRPという項目です。
これは「C反応性蛋白」というもので、
体内で炎症反応が起きているときに上昇する数値とのこと。
細菌感染で上昇しやすいらしい。
詳しくはググってネ。


今回のタロウの外見上の最初の症状は、
立ち上がれなくなったこと(触診で首・肩の辺りを痛がる様子を見せた)
体が熱っぽかったこと、でした。
それらのこととCRPの数値がどう関連するのか、
シロウトにはなかなかイメージできないですし、
獣医さんも確定的なことは言えないようなのですが、
何らかの細菌が首・肩の辺りで悪さをして炎症を起こしたのではないか
というのが今のところの見立てです。


治療としては、痛みを取り除くための鎮痛剤(オンシオール)と、
細菌を叩くための抗生剤の処方が行われています。
おかげで、立てなくなった日から2日目には
笑顔で散歩に行けるようになり、
6日目の今日は行動面では普段どおりのタロウに戻っています。



1.jpg

私がパソコンをいじっていると
パソコンやめて散歩行こうぜ〜と誘いにくるタロウ。
この行動も元気のバロメータ。




最悪の時には39.5度あった体温も、38.1度まで下がりました。
(大型犬の平熱は37.5〜38.6度くらいとのこと)
1.4度の差ですが、お腹を抱えてみるとその差ははっきり分かります。
平熱の時にどのくらいの温かさか、覚えておきたいと思いました。



実はもう一つ、とても心配な所見がありました。
リンパ節が腫れているというのです。
それを聞いたときは一気に血の気が引きました。
獣医によれば、腫れ方がリンパ腫のそれとは感触が違うので
可能性は低いと思うが、
疑いを除去するために検査をしましょうとのことで、
いまその結果待ちです。
リンパ節の腫れは細菌感染や発熱でも起こるとのことですし、
先日の再診で腫れが小さくなっているとのことだったので、
過度に心配はしていませんが、念のため、検査の結果を待っています。
ご心配をお掛けすることばっかり書いてしまい申し訳ねぇっす。
多分大丈夫ですので!


と、ブログを書いていたら
タロウの散歩行こうアピールがまた始まりました。


2.JPG

オンモへ出たいと〜♪


この行動も元気な証拠。
じゃ、散歩行こうか〜。

↑応援クリックよろしく〜 ↑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。