2013年11月23日

入院中・・・

お久しぶりです。ボスです。

突然ですが・・・・




入院シテマス。




・・・・私が。


あ〜良かったタロウくんは元気なのね〜って思ったそこのアアタ!
少しは私のことも心配して〜〜(T_T)

ゲホゲホ・・・・
いえいえ、いいんです。犬が元気なら。

ただ、
二人の飼い主のうち一人がダウンすると、
散歩とかのやり繰りが大変で、
同居人「けん」さんが頑張ってくれています。

この間トレーニング卒業宣言したばっかりだったんですけど
トレーナーさんにもお世話になりながら
タロウがいつもどおりの生活を送れるようにしています。

あぁ〜犬の健康ばっかり気にしてたら
飼い主がこんなことになっちゃったよ〜。
これからは人間側の体も大事にしていかないとと思った次第です。
(これでもタロウを迎える前は入念に人間の健康チェックしたんですがね。)

突然の入院だったもので
「けん」さんやボス母、もちろん仕事関係などに
多大な負担をかけてしまいました。
いろいろ感謝です。

「けん」さんがほぼ毎日病院に来てアレコレしてくれているのですが、
病院内では「けん」さんは私の兄ってことになっています。
(ボス母も公認。)
私と「けん」さん、ぜんぜん似てね〜んですけどね。バレてるかな?

兄ってことにしておかないとイザってときに
面会できなかったりするので、
ちょっとこのようなトリックを使っています。
手術後の説明もボス母と「けん」さんが二人で聞いてくれたらしいです。
(あ。ちょっとした手術もしたのよ〜)
ボス母、「お兄ちゃんも来てくれてるわよっ」とか演技してたな。笑えた。

そんなんで、犬的ブログが書けない状態に置かれているのですが、
ときどき状況をご報告しようと思います。
ガンバレ私!

あ、もう一度言いますがタロウは元気です。元気、らしいです。
昨日も幼なじみの黒ラブとワーワー遊んだらしいです。
羨ましいな、おい!



写真がないと犬ブログ的にアレなので1枚だけ。
先日行った御岳山にて。
このとき犬の健康しか祈らなかったのがイケナかったのか?(笑)

1.JPG

↑応援クリックよろしく〜 ↑

2013年11月13日

知らん顔、知らん顔・・・

ボスです。

基本的に家ではほとんど寝ているタロウさんですが、
ときどき思い出したかのように飼い主のもとにやってきて、
構ってアピールをしに来ます。

アピール方法は、

1.近くまで寄ってきて私の手を鼻でツンツン
2.近くまで寄ってきてオスワリ(もしくはフセ)して見つめる
3.近くまで寄ってきてオモチャをボトッと落とす

と、大きく3つに分類されます。複合技もあり。

私がパソコンに向かって忙しそうに
何やらガシャガシャしているときには、
遠慮して近寄ってこないのですが、
ちょっと手を休めてボーッとしていると、
タロウがその隙を突いてくるかのように瞬間移動しているのです。
よく観察してるなぁ。

まあ、忙しそうに見えて実はネットサーフィンしたり
ブログ書いてるだけだったりするので、
タロウが"構ってアピール"をしてきたときには相手してやることが多いのですが、
こんな私であっても本気で忙しいときがありまして、
そのような時にタロウが"構ってアピール"をしに来ても
「知らん顔、知らん顔・・・」と心の中で唱え、
修行僧のごとくにパソコン画面に集中しているふりをします。


こんなふうに椅子の肘掛けの向こうから
つぶらな瞳が見えても・・・・



1.JPG





知らん顔、知らん顔っと。





2.JPG





ゲホゲホ・・・えーっと、
そうそう、知らん顔だった。知らん顔・・・・





3.JPG



し、し、知らん顔・・・・できるか!Σ( ̄□ ̄;)


こんなまんまるお目々で見つめられて
無視できる人間がどこにいようか?!


う〜ん、犬飼ってると時間がいくらあっても足りなくなるわ!
嬉しい悲鳴。若干本気の悲鳴。


ちなみにいまブログ書いてたら
足下からニョキッと鼻が生えてきた。


4.JPG

↑応援クリックよろしく〜 ↑

2013年11月11日

聞き間違え

家の中の足音を聞けば、誰が歩いているのか、ふつう、だいたい分かりますよね?
例えば家族5人いたら、お父さん、お母さん、兄さん、姉さん、ボク・・・と、
それぞれ歩く速さとか体重の違いとかで足音に特徴があるものです。

わが家は、私(ボス)、「けん」さん、タロウ・・・の2人+1頭という小編成なので、
足音くらい容易に区別が付くだろうと思われるでしょうが、
これが意外とそうでもないのです。

人間と犬の足音の区別が付かないのです。

4本足と2本足・・・さすがに足音にも歴然とした違いがあるでしょ?・・と思いますよね?
しかし・・・・

私が廊下を歩いて部屋に入ると、
中にいた「けん」さんが
なんだよタロウじゃないのか (-。-;) と、
軽い失意の念を表明するという、理不尽な展開が待っております。
(その逆に私が「けん」さんの足音をタロウと聞き間違えることもしばしば。)

ただ歩いてきただけなのに同居人にガッカリされるというのも悲しいものです(笑)

わが家は全室フローリングなのですが、
犬が滑らないようにカーペットなどを敷いているので、
犬の爪が床に当たってカチカチと音を立てることがなく、
しかも大型犬なのでそれなりの重量感のある音がします。



1.JPG

廊下はこんな感じで床にひっつくカーペットが貼ってあります。




さすがにタロウがちょっと小走りになれば明らかに「犬!」って分かるんですが、
のそのそと歩かれると犬だか人間だか聞き分けるのが難しいです。




2.JPG

明らかに「犬!」



ところでタロウは人間ふたりの足音を聞き分けているのでしょうか。
音よりも匂いで区別してるかな。

↑応援クリックよろしく〜 ↑

2013年11月09日

見間違え

ボスです。

タロウはそれほど飼い主を後追いする性格ではないのですが、
ときどき私がトイレに行ったり浴室に行ったりすると、
タロウがあとから付いてきてドアの前で待っててくれたりします。


1.JPG


先日も風呂上がりに浴室前の廊下をみると
チラッとクリーム色の影が見えまして、



2.JPG



あ〜タロウ待ってるよ〜
かわいいヤツだなぁ〜
などと思いながら眼鏡を装着すると・・・



3.JPG



ん?



4.JPG


・・・スリッパだった(−_−;)

※写真は再現ドラマ風にブログ用に撮影したものデス



なんか、色とか質感(?)が似てるんだよね。タロウと。
私の視力が悪すぎるってのもあるのだが。


5.JPG


・・・。




6.JPG

「スリッパと一緒にしないでよ!」


あ、ごめん。

↑応援クリックよろしく〜 ↑

2013年11月07日

障壁があると燃えるタイプ?

ボスです。


タロウの趣味。

それは、
匂いを嗅ぐこと。


1.jpg

たまにお花の匂いを嗅いでみるなんていう乙女な一面も・・・



公園とか森とかに行くといろんなニオイ情報にあふれているので、
情報収集に余念がないのでございます。
なんか、人間には分からない領域なのでちょっと羨ましいです。


2.JPG



さて、最近のタロウ、
いつものニオイ取りかなぁと見せかけておきながら、
歩道の脇にあるロープをヒョイっとくぐるときがあるんです。



3.jpg

ヒョイッと。


4.jpg
ヒョイヒョイッと。




たまたま写真がとれましたが、
ホントにヒョイっと一瞬でくぐってしまいます。

上手にくぐるなぁとか感心してる場合じゃなくて、
一応、ロープから先の場所には入ってはいけないことになってますから、
「そっち行けないよ〜」と言って呼び戻すと、


5.jpg


エヘヘエヘヘという顔をしながら戻ってきます。
戻るときはなぜかジャンプするという・・・。


ところが、
↓こんなふうにロープが切れている場所からだと・・・


6.JPG


入ろうとしないんです。ナゼニ?

たやすく入れる場所には魅力がないのかな。
障壁がないと燃えないタイプなのか!?


ま、ただロープをくぐるっていう遊びをしたいだけだったり。
犬もいろいろ自分で考えて楽しんでいるみたい。
見てて飽きないわ〜。

↑応援クリックよろしく〜 ↑

2013年11月05日

御岳山でお犬様に会ってきた! その2

御岳山、日帰りツアーのつづきです。

車で2時間弱かけて御岳山のふもとにある
ケーブルカーの駅に到着したわれわれ。


5.1.JPG


朝5時台に自宅を出発し、
ケーブルカーの始発時刻である7時半くらいに到着しましたが、
駐車場はすでに8割方埋まっていました。


5.2.JPG


このケーブルカー、犬の乗車オッケーなのです。すばらしい。
さすが「お犬様」を祀る山、御岳山!



6.JPG


大型犬はだいたいどこへいってもお呼びでないことが多いので、
こんな体験は滅多にできません。アリガタヤ。


7.JPG


タロウも緊張気味に乗車。


8.JPG

窓の外には色づいた風景。



9.JPG

トイプーさんもこんにちは。



朝イチで出かけたのですがすでにかなり混雑していました。
でも犬連れ乗車率は一割以下といった感じでしょうか。
思ったより犬の数は少なかったです。朝早かったからかも。


ケーブルカーを降りると、
山頂である神社まではちょっとした登山となります。


10.JPG


行く前は、犬的に楽しめる場所かどうか心配だったのですが、
訪れる人たちや巫女さんに
白い犬カワイイ〜と声をかけてもらったりしているうちに、
タロウもウキウキスイッチがONになったようでした。
犬がニコニコで歩いてくれて飼い主としてもマンゾクでした。
(タロウは始終元気。人間は慣れない登山にヘトヘト。)



11.JPG

拝殿にて。

「ポチたま」でだいすけ君がお祓いを受けていたケージが
どこにあるのか見たかったんですが見つかりませんでした。



神社のほかは、基本的に普通の山と同じなのですが、
登山初心者でも楽しめるコースがいくつかあり、
タロウにとって初めての山歩きを体験させることができました。
わりと急な斜面もあったりしてドキワクでした。



12.JPG

興味津々。



13.JPG

連休中日は天候良好。



また行きたくなる場所でした。
飼い主も体力作りに励んで、
今度はもうちょっとハードなコースを歩いてみたいものです。


タロウよ、お犬様パワーを授かってきたかい?

14.JPG

↑応援クリックよろしく〜 ↑
posted by ボス at 19:01| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 行ってみた旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

御岳山でお犬様に会ってきた! その1

ボスです。
世の中は三連休でしたが飼い主の休みが合わなかったりして、
でも、お出かけしたい!ということで行ってきました「御岳山」。
タロウ、山デビューです。



0.JPG
2歳にして山デビューを果たしたタロウさん。



全国に「御岳山」という名の山があるようですが
われわれが行ったのは東京の青梅市にある「御岳山(みたけさん)」です。
都内とは言え、行くには車で1時間半〜2時間かかるところ。

山頂には武蔵御嶽神社が鎮座しており、
(山の名前は「御岳」ですが神社は一文字異なります)
いわゆるパワースポットとしても知られています。




1.JPG


↑これは今回武蔵御嶽神社で買ったお守りです。
絵柄にあるとおり、「お犬様」が神の使者として祀られています。
その所以は・・・・


2.JPG


ん〜と、
ヤマトタケルが道に迷ったときに「お犬様」が登場して
道案内をしたってことらしいです。
「お犬様」といっても正確には狼らしいのですが。


3.JPG
大口真神(おほくちまかみ)として祀られている狼。ちょっと顔がコワイ。



4.JPG
そして大口真神にあやかろうとする白い犬・・・



そんな所以もあって、
御岳山全体が犬ウェルカムな雰囲気に包まれています。
神社で働く方々も、売店のおばちゃんも、そして訪れる人も、
犬を温かく迎えてくれる雰囲気があって感激でした。
あぁ、日本中がこんな雰囲気だったらいいのに・・・。


写真が多くなるんで今日はここまでにしておきましょう。
つづきは次回。


番外編。
「大型」という文字を見ると「大型犬」に見えてしまう病。


4.5.jpg

↑応援クリックよろしく〜 ↑
posted by ボス at 21:10| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 行ってみた旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

ボス母の忠告

ボスです。

久しぶりにボス母(タロウ家から車で1時間ほどのところに一人暮らし)が
遊びにきてくれました。

タロウはボス母が大好きなのでいつも大歓迎です。


1.JPG

タロウ・・・シャッタースピードが追いつかないよ(-_-)・・・





2.JPG

ボス母の帽子をくわえて喜びを表現中。




3.JPG

マッサージを受けてご満悦のタロウ氏。



4.JPG

散歩にも一緒に行ったよ。



と、お決まりの儀式(?)をひととおりこなし、
夜はグッスリ眠ったタロウさんでした。



ところで、
部屋の配置換え(パソコンルームと寝室を入れ替えた)をしてから
今回初めての来訪となったボス母。
配置換え自体については
「いいんじゃない? 落ち着くんじゃない?」と
肯定的な評価をボス母からいただきました。

で、最近タロウと一緒にベッドで寝ていることを告白するやいなや、

「それはやめとけ」とボス母。

ぬぬ。
かつて実家で飼っていたシーズーと一緒に添い寝していたアナタに
言われたくないわ( ̄△ ̄#)

そしたらボス母曰く、


「シーズーは小さいからいいの。
 シーズーは毛が抜けないからいいの。」


とのこと。


ボス母よ・・・・


アナタは・・・・


すべて正しいYO!


反論の余地ナシ!

でも・・・嗚呼・・・犬との夢の添い寝は当分やめられそうにないのであった・・・。

↑応援クリックよろしく〜 ↑

2013年10月31日

過ぎゆく10月

ボスです。

うかうかしている間に10月最終日・・・。
今月はタロウの体調不良という、わが家にとっての一大事から始まりましたが、
どうにか平穏にこの月を終えようとしています。
犬の不調とか人間の多忙とか天候不良とかが重なって
結局お出かけ的なイベントは皆無でしたが、
平和な日常がイチバンだなぁとしみじみ感じております。



4.JPG

ロープをくわえながらアイドル・スマイル。



タロウが復調した頃、月の中ほどに部屋の配置換えをして、
寝室とパソコンルームを入れ替えました。
当初タロウはどこでくつろいだらいいのか分からないような様子でしたが・・・



1.JPG

「寝る部屋ここだっけ?」



いまではその時の気分で寝たい場所を選べるようになりました。
タロウの快適な睡眠確保のための配置換えだったので、
とりあえず成功しているのかな、という感触を得ています。
あぁ、すべてが犬中心に回っているよ?・・・




2.jpg

ひだまりのタロウ。なんとなく猫っぽい。




タロウはこれまで人間のベッドにはたま〜にしか乗らなかったのですが、
部屋の配置換えをしてから
一番のお気に入りの寝床になったようで・・・


3.jpg

画像使い回しデス


このまま冬に向けてデカイ湯たんぽとして活躍してくれることでしょう。
いままで黙っていましたが実はワタクシ、
犬と添い寝するのが夢だったんですよ!
でかいベッドに買い換えようか本気で思案中。
ますます犬バカ度上昇中の秋の夜長・・・・。

↑応援クリックよろしく〜 ↑

2013年10月28日

困るなぁ、置きエサ

ボスです。

いつもの公園でときどき困った光景に出くわします。
それがこれ。


1.jpg


木の根っこ辺りに蒔かれたエサ。
たぶん猫用のエサだと思われます。


2.JPG


毎日ではないのですが、
こんな感じで日によって場所を変えて蒔かれています。


私がタロウより先にこれらの置きエサを発見したら
回避して歩くのですが、
土の上に直接蒔かれているので見つけるのが難しいのです。
それでタロウがクンクンして初めて発覚するという。
クンクンだけならいいんですが、
見逃しているとムシャムシャしてしまうんですよね。


3.jpg

↑これは拾い食いではなくニオイを嗅いでいるだけ。
 でも拾い食いとニオイ取りの見極めはムズカシイ。




エサを置いている人はもしかすると善意でされているのかも知れないですが、
置きエサはカラスの腹を肥やすことにもなりますし、
衛生上も好ましくなく、公園でもエサやりNGの表示がされています。
犬が食べたら困るとかいう私どもの事情以前の問題として、
これは困った行為であると言えるでしょう。



4.jpg

タロウさんも困り顔(?)




ところで、
この公園では猫ボランティアという方々が活動しています。
夕方になると、ボランティアの方が
公園を住処にしている猫たちに食べ物を与えている光景を見かけます。
その方々は決してエサを置き去りにはしません。
猫が食べるのをそばで見届けてから皿を片付けていらっしゃいます。
このボランティアは登録制で、決まり事や意義を共有した方々が活動されているのです。
登録者以外は猫に食べ物を与えることはできないルールになっています。


ボランティアの方はただむやみに野良猫にエサを与えているわけではなく、
避妊・去勢した特定の猫の世話をしていらっしゃるそうです。
手術の金銭的な負担もしているとか。(一部行政の補助もあるようです。)
そのようにしてこれ以上野良猫が増えないようにするばかりでなく、
給餌を管理することで
野良猫が住宅街のゴミ置き場を漁ることを防ぐという意味もあるようです。
この記事を書くまでその活動の意義を私自身よく理解していなかったのですが、
調べてみて、なるほどそう言う意味があったのかと知った次第。(気付くの遅!)


今回私が困ったなあと言っているのは、
もちろん、猫ボランティアの給餌活動ではなく、
不用意と思える置きエサのことです。
本当に猫がかわいいと思うのなら、
むやみにエサをやるとか、置き去りにしてしまうことのないように
お願いしたいものです。

なんつって〜
わ〜わ〜エラソウな記事書いちまった〜。
犬に拾い食いさせなきゃいいだろ〜って言われればそのとおり〜なんですけどね〜。

↑応援クリックよろしく〜 ↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。